ごみ収集車作業員

私は友達の紹介でゴミ収集車の作業員のバイトを一年ほどしていました。噂によるとコネや友達の紹介でしか入れない組合に作業員として登録された私は、組合から平日毎朝6時にある清掃事務所に行くことを伝えられ、清掃員用の制服を渡された。翌週、早朝事務所に行ってみると管理人のような人が来て説明をしてくれた。
三か月間粗大ごみ収集車の作業員として働くことや作業内容を少し説明してもらい、すぐさま指定された粗大ごみ収集車に乗ることになった。
作業員は三人と運転士の合計四人が乗った車の中で軽い自己紹介をすまし、10分ぐらいで目的地の地区に着いた、作業内容はいたって簡単で、粗大ごみを回収しトラックの上に積んでいくそれだけだ。粗大ごみをできるだけ多く詰め込めるように一人の作業員がトラックの荷台に乗り、粗大ごみを整理整頓する。私はその役割を任せられた。粗大ごみといっても色々種類があり、時には大型ベッドやソファなど大きな家具もあり、それをうまいことトラックに乗り切るように収納しなければならない。粗大ごみが重なってくると足場もなくなっていき粗大ごみを足場にして粗大ごみで壁を作るように(トラックから崩れないように)収納していく。たまにテレビや電子レンジが上から飛んできて危ないがヘルメットを着用しているので大丈夫!?
作業時間は場所によって異なるが基本的に短い。朝早いだけあって大体昼前には終わってしまった。昼ご飯を食べ、事務所に戻ると日当一万円が渡され解散となった。難しい残業などはなく昼前に仕事が終わって帰れるという、とても健康的でいいバイトでした。岡山不用品回収さんではお世話になりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です